練馬区のスピリチュアルセラピーサロン 〜 天使たちのガイダンスを聞き、自分と大切な人の幸せのために行動できる人へ

オラクルカードの使い方 〜 ベーシック or オリジナル 〜

2012年、一回目の満月です。

ご縁あって、このブログをお読みくださる方が、より、オラクルカードを通して、天使のガイダンスを受け取り、毎日をハッピーなものにしていただけるよう、今年もがんばります♪

本年も、どうぞ、よろしくお願いいたします。

オラクルカードをずっと使っていると、だんだんと直感が冴えてきます。

意識を向けて、カードを使う時には、瞑想に似た状態になりますし、ガイダンスを参考にして、変化していくのですから、スピリチュアルな能力が高まっていくのですね。

そうすると、急に、オラクルカードをこんな風に使ってみたい、というアイデアが出てくることがあります。

まじめな方は、そんな使い方では、天使がちゃんと答えてくれないのではないかしら?・・・な〜んて考えて、止めてしまうこともあるかもしれません。

でも、オラクルカードの使い方そのものも、天使たちからのガイダンスの場合もあります。

私は、以前の記事で書いた<a href="http://blog.for-l.jp/archives/cat8/post_13/">祈りと意図</a>をきちんとする、ということがポイントで、使い方については、こだわる必要はない、と考えています。

間違いなんてありませんから、アイデアや直感を、何より、大切にしてみてください。

さて、そのようなオリジナルの使い方でガイダンスが受け取れるようになると、その使い方が自分の基本的な使い方になることもあります。

今までワークショップに来てくださった方の中には、とても、オリジナリティー溢れる使い方をされている方がたくさんいらっしゃいました。

実際には、オラクルカードを選ぶだけのことなのに、本当にさまざまな使い方があって、私も、驚くことがあり、参考にさせていただいたりしています。

オリジナルの使い方をするのは、天使と繋がれているようで、オラクルカードを使うのが、一段と楽しくなりますね。

でも、オリジナルの使い方を続けていると、急に、なんとなく違和感を感じるようになることがあります。

なんだか、ちゃんとオラクルカードが答えてくれていないような、ガイダンスを受け取れていないような感じがすること(時期)があるのです。

いったいこれは何故で、どうすればいいのでしょうか?

そんな時に、まず、試してみるといいのは、ベーシックな使い方に戻ってみることです。

オラクルカードを初めて手にした時のように、ガイドブック通りの1枚や、3枚リーディングをしてみるのです。

そして、今までガイドブックのカードの解説を読まなくてよくなっていたとしても、そのカードの解説をしっかりと読んでみるのです。

オリジナルの使い方がしっくりこなくなった時というのは、多くの場合、新たなスピリチュアルな成長段階に入るときです。

新たな感覚を得て、より天使たちと繋がれるようになるのです。

だから、今までの使い方にこだわっていると、この変化に上手く乗ることができません。

ベーシックな使い方に戻る、というのは、自らを破壊し、原点に戻るということなのです。

宇宙の破壊と創造のリズムに、積極的に乗ってみる、ということでもありますね。

基本的な使い方に戻ってみると、やがて、新しい感覚を使って、オラクルカードを使えるようになるでしょう。

また、新しいオリジナルの使い方を思いつくかもしれません。

「オラクルカードを使っていたんだけど、最近なんだかちょっとなぁ・・・」と感じていた方は、よろしければ、お試しを☆

あなたが、オラクルカードを使いながら、もっと人生をハッピーにすることができますように。

最後までお読みくださって、ありがとうございます。

See You Next Full Moon☆

Mahoko

2012/1/9(mon)


ご予約・お問合せ

このページのTOPへ

お問い合わせ

メールマガジン(無料)

Let's go spiritual with your angels☆

スピリチュアル初心者の方にも分かりやすく、人生を、エンジェリックでハッピーなものにしていただけるように、スピリチュアルな人生の見方や考え方を、実践的にお伝えします。
(毎週土曜日配信)
メールアドレスを入力して送信ボタンをクリック


読者購読規約

>> バックナンバー

powered by まぐまぐ!

関連サイト

for L 公式サイトセラピー、アチューンメントを受けたい方はこちら

デイリーひとことガイダンスMahoko のオラクルカードガイダンスをお届けしています(毎日更新)

オラクルカードについてオラクルカードをお使いいただくためのヒントをご紹介しています

ナビゲーション